2月1日(水)に計画地において「福岡市総合体育館整備運営事業建設工事」の起工式が行われました。

発注者として髙島市長をはじめ、事業者として福岡照葉アリーナ㈱、設計者として梓設計・雅禧建築設計事務所・清水建設設計JV、施工者として清水・西中洲樋口・旭・宮川建設特定建設JV、運営維持管理企業9社から65名が参列し、工事の安全を祈願しました。

当体育館は平成30年秋に開館し、開館後は平成46年3月末まで福岡照葉アリーナ(株)が指定管理者として運営維持管理業務を行います。

工事期間中はご迷惑をお掛けしますが、安全を最優先にした施工に努めますので皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

高島市長のあいさつ

事業者による杭打の儀